スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さんがみあたらない


「とても寒いところに来た。
お母さんがみあたらない。
友達もいない。
まわりはボクのことを知っているようだけど
ボクは誰も知らない。

とうとう引退させられた。
悔しい…。」
スポンサーサイト

時よ、止まれ!!


「やっぱりレースは最高!!
ボクは走るために生まれたサラブレッド、
つくづくそう思った。

特に今日はタケちゃんもリラックスしていたから
とっても気分よく走れた。
ゲートが開いた瞬間からゴールまで
このまま時が止まってくれたなら、
ボクはずっと幸せに走り続けられるのにって考えたよ。

その後、セレモニーで引きずり回されて疲れた。
だから先のことは明日考えるとする。
おやすみ」

中山で勝つ!!


「タケちゃんは、明日勝敗にこだわらないで無心でいくと言っている。
それでいい。
レースは、ボクに任せてくれ。

去年のようにプレッシャーで固くなり勝敗にこだわって
ボクが行きたいのに止めるようなことさえしなければ万事うまくいく。

中山競馬場は、みえない力がレースを支配するようだ。
騎手が迷ったり、こだわったりすると馬の背中に重い石が乗ったようになり
絶対に負けるそうだ。

だから、タケちゃんは無心でいてくれさえすればいい。
あとはボクが走るだけさ。」


  mi2
  「ディープ今日のレース頑張れよ!!
  明日のことより今日のこと、お前の頑張り次第で今後は
  どうとでもなるんだ!俺は来年もお前が走るレースを見たい。」

  風人
  「やったね。
  やっぱり君が史上最強馬だよ!」

  ゾンビ
  「お疲れ様
  今まで沢山の感動をありがとう☆
  来年から寂しくなるけど、いつか必ず会いに行くね!
  兄弟揃って快勝☆
  良いクリスマスプレゼントになったよ(^-^)
  本当にありがとう(i_i)
  大好きだよ☆」

  ken
  「おめでとう!!!
  ほんとに良く頑張ったよ!!
  引退はもったいないけど、種馬として
  凱旋門賞のリベンジを頼むぞ!!」

さよならは言わない


「ボク、ディープインパクトは必ず帰ってくる!!
明日が最後のレースじゃない。
ボクの夢は、走り続けること。
まわりはみんなあきらめているけど、
ボクは、必ずカムバックする!!

だから、さよならは言わない」

さ・び・し・い・


「胸がキューンと苦しくなる。
毎日が別れの言葉ばかりで、まるで早くいなくなっちゃえって言われているみたいでさびしい。

一部でボクの重病説が出ているけど大丈夫。体はいたって絶好調だ。
ボクの悩みは、引退したくないってことだけ。ウーン 心の悩みは重病か…。

昨夜なんて、バボウに来たねずみにまで話しかけていた。
ねずみと話なんてできないけど、その時よからぬことがボクの頭をかすめた。
『ねずみをなめ続けたら病気になるかも…。
そしたら有馬記念に出走できない。
その日の引退セレモニーもない。時間はかせげる。
年が変わって新しい年がくればまわりのみんなの気も変わって
ボクはもう一年走れるかもしれない…。』って。
重病かな、これって…。」

S.O.S.


「世界中にS.O.S.を発信する。
ボクを助けてほしい。
ボクを走らせてくれるオーナーを求む!!

ジャパンカップでレースには勝っても
ボクの夢への挑戦は負けている。未来はまっ暗だ。

あの日からみんながボクの引退準備を始めた。
くる日もくる日も『お嫁さん』の話ばかり。
みんなの夢は、ボクの血を引く子供のこと、ヘーンだ。
絶頂期のボクにむかって全く無神経すぎるよね。

だから、ボクは今わがままな反抗期だ。
お母さんの言うことだって無視する。
調教だって、ざけんなよってシランプリする。

このまま有馬記念に出走することになったら……
あ~あ~、歩きたいくらいだ。

S.O.S. ボクを助けて。」
 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。